いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ディス/コネクト

【概略】
リッチの息子はソーシャルネットワークを通じて攻撃され、自殺しようとするも一命を取り留めたが意識不明の状態になってしまう。弁護士として仕事に忙殺される彼は家族との関係もおざなりにしていたため、息子の自殺の原因がまったくわからず困惑していた。一方、元刑事の厳格な父親と二人暮らしをする加害者の少年は愛情に飢えており…。
ドラマ


.0★★★☆☆
インターネットが発達し、コミュニケーション手段があふれる現代を舞台に、SNSで起きたある事件をきっかけに、心の絆を取り戻そうとする人々のドラマ。
空虚な何かを抱えながらもネット依存してしまう私たち。ブログを書いてる私もそうだし、観ているあなたもそう。スマホを長時間眺めてるのなんて私は信じられない行為だし出来ないですが、結局同じ穴の狢だ。
SNSを唯一のよりどころとしていたおとなしい少年ベンは、同級生の悪質ななりすましにひっかかってしまい、破廉恥な写真を相手に送ってしまうんだけど、まずどんな写真であれ自分の写真を送るという危ない行為を簡単にしてしまうことに驚きです。結局、首を吊ると言う行為を。ネット上で不用意に個人情報を出してはいけないよという典型。
多忙な弁護士の父親はそんな息子の状況に気づきもしないし、一方で加害者の少年の父親も、息子とのコミュニケーションが一方的になっていることに気づいていない。加害者少年も、「ジェシカ」のアカウントをすぐに消さず、父親とチャットをするうちに、次第にその責任に気づいていくのだ。
一方ポルノサイトに出る少年、個人情報を盗まれた夫婦の話も同時挿入されていくのだが、正直それよりもベンの話が一番興味を引いた。そして物語は終幕直前3つの話で暴力が振るわれる。この交錯が素晴らしかった。
群像ドラマでそれぞれのつながりが希薄な部分もあるものの、つながりを求める者たちと、つながらない家族たちの姿が、悲しく、哀れで、切なくなりました。