いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ディセンダント

【概略】
オラドン合衆国の王・ビーストによってロスト島に閉じ込められたディズニーヴィランズたち。だが、ビーストの息子・ベンは、ヴィランズたちの子どもを解放することに。
青春


.0★★★☆☆
おとぎ話も世代交代!?主役はディズニー・ヴィランズの子供たち!
本作は、「誰もが知っているディズニーの悪役たちに子供がいて、10代に成長していたら?」というアイデアから生まれた作品。
設定が面白いです。おおもとの各ディズニー映画ストーリーを知っているとなお細かい設定が面白い。
気楽に見れるし、ヴィランズの子供たちが、他の王族の子供たちや学園生活で、「悪」であることに葛藤したりするのが結構面白い。
世界を統一した野獣とベルの子供ベンが「親が悪かったからって子供も悪いとは限らない」という心で各有名悪役の子供たちを学園に招待するのです。眠れる森の、白雪、101匹、アラジン。
それぞれ関係するキャラクターにあって気まずかったり、色んなキャラクターや恋の魔法をかけたつもりが本当に恋しちゃったり、外見じゃなくて中身が大事ってのを学んだり。
まあそれぞれヴィランズの子供って、…誰との?ってのは気になりますが、面白かったので良かったんじゃないでしょうか。ディズニー映画らしい明るくポップな映画でした。