いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デイブは宇宙船

【概略】
小さな、人間の姿をしたエイリアンたちが、自分たちの悲運な世界を救う道を探して、完璧な変装で地球に到着した。その変装とは、普通の男の姿をした宇宙船だった。この宇宙船は小さなエイリアンがそれぞれ、人体の一部を管理している。彼らはニューヨークを冒険するうちに、人間の一家と出会い人間性について学んでいくが…。
コメディ


.0★★★★☆
あれっエディ・マーフィって久々じゃない??しかも一応SFです。
人間型の宇宙船(エディ・マーフィ演じる艦長とそっくりの姿)の「デイブ」がパントマイムみたいな動きをするのが笑っちゃったなー(車で吹っ飛ばされすぎだしね笑)
このデイブ、耳がパカッと開いて出入り口、ほくろは表面の開閉ボタンになってたり、おしりからはちゃんと排気ガスが出ます(笑)あ、おしりからお金もでてきますし鼻につっこんだら鉛筆も削れます(どうなってるのw)。
グーグル、ヤフーを検索して地球星人の情報もゲット★ 彼等ニル星人は、自分達の惑星を救うためにジョシュ少年が拾った「石(オーブ)」を探しているんですね。
惑星文化の違いなんかを、真剣に真面目に対処している彼らの様子はかなり面白かった。地球星人が毎年大人も子供も見せられている映像というのが「素晴らしき哉、人生!」(笑)「投げナワで月を?ありえない!」とか言いつつ感動しちゃってるのは可愛かったですね~。他のクルーたちも、気付くと人間社会にノリノリになっちゃってたりして…オカマ(ゲイ?)のクルーなんかはいいキャラでした。でも人間社会と仲良くするのをよく思わないクルー達が反乱を起こして…。
ベタではありますけども、自分達の運命よりも地球を救うことを選んだ彼ら、「私もデイブ・ミン・チャンです!」とクルー達が決意するところはお約束の感動シーン。こういう明るいストーリーは楽しくて好きです♪爽やかなコメディです。