いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デス・サイト

【概略】
警察官アンナのもとに突然送られてきた謎のE-MAIL。そこに添付されていた奇妙なオンラインポーカーゲームサイトにアクセスすると、そこには猟奇殺人をほのめかす言葉が現れ…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
ダリオ・アルジェント監督作品。ネット中継殺人…この手の作品に「ブラックサイト」なんかがありましたねー。
ホラーって言うか普通のサスペンス作品でした。警察あんたらなにやってるのよといいたくなるくらいアイテム自体がちゃちなんですが…。ポーカー勝負に勝てない彼らは、地元ゲームコーナーで連戦連勝していた大学生に協力を求めて…。
でも、殺人者側も、負けても(逃げようとしたので)結局人質を殺しているあたり、ポリシーも全く感じられなくて面白くない。この手のゲームを希望するのなら、人質には姿を絶対みられないというくらいの犯行をしないと意味がないと思う。勝てば殺す、負ければ放す、ここは重要だと思うんだけどな(まあ後で理由がわかりますが)。
主人公アンナ・マリがもう少し美人だったらよかったかもです。イギリス人刑事は格好良かったですがたまにジャン・レノの弟みたいな感じにみえることも…。
画面の人質のアアアアアがうるさすぎて、ゲームにあまり緊張感がないのもマイナス点。勝利した後のミニパーティなんかも愕然、オイオイ犯人つかまえてないでしょうが。
犯人はすぐ予想できます、…というか冒頭でバレバレ。製作当時はネット中継殺人というのが斬新だったのかもですが、いまいち見所がない作品です。