いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デス・スパイダー

【概略】
猟奇殺人鬼・スパイダーを追っていたDr.リーマンは、捕らわれた被害者を救えずFBIを引退。精神病院に戻った彼は、他人の思考をトレースできる青年・マシューと出会う。
スリラー


.0★★☆☆☆
冒頭のワイヤーの蜘蛛の巣トラップが印象抜群。うーんこれは良く出来てる。
…が、トラップを解除するとさらにトラップというのはいいんだけど虫を使うってあたり確実性がないと思うんだよね…えげつない罠だとは思うけど。
記憶を無くした精神感応能力をもつ青年が、猟奇殺人鬼スパイダーを追う…というもの。このスパイダーの特徴として、拷問した相手を餌に、さらに救出しにきた側さえもトラップにかけるというかなり大掛かりな仕掛けをつくることにあります。
スパイダーの事件で精神分析を行っていた医者の病院で、院仲間と拷問の映像をみた青年は、スパイダーを捜索する側へ。…実は最初からスパイダーの正体とかは読めるんですが、この種明かしはなかなか面白いと思います。
色々な意味で最初から伏線がありました、看護婦が自分の病室のベッドで拷問される夢をみた、なんてまさにそのもの。なんでもない行動の中のニックが超演技派である意味感心したわ~。
スパイダーである前の人格へ戻したのですから、いまのマシューは別人ともいえる、確かに犠牲者は一人追加すべきかも。