いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デス・パズル

【概略】
1976年、スコットランド海辺の町コーントンで発見された少女の遺体。30年の歳月を経て、犠牲となった少女エイミーの同級生たちまでが一人、また一人と命を奪われていく…。
サスペンス


.0★★★☆☆
無残にも殺された少女エイミー。29年後、今度はその同級生達が次々と死んでいく…。ロバート・カーライルさん主演。
怯えて逃げ出した末にトラックに轢かれて死んだ男性が残したテープ、メモや日記。すでにかつての同級生が3人死んでいた。また、32名の同級生の集合写真に一緒に移っている33人目の生徒。誰もそれを知らない。
モンロー刑事が担当している殺人鬼はモンロー刑事にしか話さない、この会話が不安を引き立たせます。

イギリスらしい陰鬱とした中の作品で、30年前のクラス写真がキーとなり雰囲気がとてもよかったです。33人目の少年が微妙にぼけて写ってるのがまたなんともいえないですね。クラスメイトは32人、33人目は一体誰なのか。
協力者のコリンも車で轢かれ、彼は33人目の少年が年をとらずに自分たちを見つめていたと言うが、その直後血栓を起こして倒れてしまう。また、当時犯人ではないかといわれていたエイデンは、すでに死んでいるらしいとの情報も(実は生きてましたが)。
2枚組みの作品ですが、後半パートでは一気に解決に向かっていきます。謎編、解決編って感じ。ただ解決編はアレッ?って感じに…。
次々と殺される同級生達、果たして犯人は誰なのか、そして33人目の少年は一体誰か?
真相は意外なものでした。また33人目の少年の謎は判明するものの、5歳の頃に死んでいてどうみても10歳前後のクラス写真に写ってるのが一体どうしてなのか説明がないままなのが気になるー。事件の謎の粗は多かったですね。