いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デス・ロード 染血

【概略】
クリスマス休暇を利用し、車で一緒に帰郷することになった一組の大学生。近道をしようと入った小道で、突然現れた車に当て逃げされ、雪深い山奥で車が立ち往生。凍てつく車内でひたすら助けを待つ二人。そんな彼らに次々と不可解な現象が起こり始め…やがて、その場で起きた悲惨な過去を知るが、すでに二人は永遠に終わることのない怨恨の連鎖に巻き込まれていた…。
スリラー


.0★★★★☆
このジャケット、タイトルの後のサブタイ…どうみてもB級臭。染血っていうか別に血にも染まりません。…ですが、なぜか体がひやっとした。
見終わった後に考えると、そう怖い種類のホラーじゃないんです、決して怖いホラーじゃないんですが…なんでだろう実はけっこうお気に入り(注:面白くなるのは途中からですが)。
確かに霊たちの過去の因縁というか原因みたいなものも「あっそうなんだ…」くらいなんです、…なんですが、これは「霊がいて怖い」を楽しむホラーではなくて、警官含めあの状況に対しての恐ろしさというか。雪積もる中での車の立ち往生という設定もよかったのかもしれない。
これ、製作総指揮がジョージ・クルーニーさんなんですって。
ラストの、あとに残る切なさも良かったです。