いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

デッドライン 境界線

【概略】
同棲中のケリーとブロディ、ケリーのいとこレオの3人はキャンプに出掛けた道中、不気味な伝説を耳にする。それは罪追い人を狩る猟師に捕らえられ、縛り上げられた魔女の伝説だった…。
ホラー


.0☆☆☆☆☆
魔女の伝説とジャケット画像に惹かれたのですが、これはまたずいぶんとつまらない作品でした。
「失踪した人物たちの映像のみ発見されたので、観てみましょう」というふつーのPOV作品。
ただただ彼氏がカメラを回しながら嫉妬してる姿が見苦しいのですが、それもまあ仕方ない設定だなと。だって、いとこだと聞いていたレオが、実は自分の彼女の元彼だったなんて知ったら…、そりゃ無駄に嫉妬もしちゃうってもんです。
しかもこの手の脚本にありがちの、とにかくカメラを回したい彼氏。
動きは後半までまったくありませんので、ひたすら他人の嫉妬する姿をみせられてるというつまらなさ、それでもまだオチが効いていればいればいいですが…。
終始ギスギスした雰囲気のなかで、「なにか」が起こるのが夜間で暗視カメラを使うのですが、これがまた見難い。しかも意味不明で終わっています。結局森の中に何かがいてってことなんでしょうねー。