いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

トイ・ストーリー3

【概略】
アンディが大学進学のため家を出ることに。そんなある日、ウッディたちは手違いで凶暴な幼児たちが集まるサニーサイド保育園に寄付されてしまう。
アニメーション


.0★★★★☆
子供はいつか大人になるもの。大好きなアンディももう大学生になったんですね。当然おもちゃとはもう遊ばないけれど、ずっと大切にしてくれていた。
でもある日、手違いで保育園に寄付されてしまい、また子供達と遊べると喜ぶおもちゃたちだけど、実はそこはおもちゃを破壊しまくる幼児たちが集まる地獄のようなところだった、というもの。しかもいちごのにおいのする熊のぬいぐるみにおもちゃたちは支配されていた…。
相変わらず旧キャラを前面にちゃんとだしてくるところは良い点。残念なのは今回軍隊人形の出番が少ないところ。冒頭ハンディカメラで思い出が描かれてますが、時間の流れを感じさせる良い演出です。
みたことあるおもちゃが結構あるんですよねー妖精人形(怖い><)とか赤ちゃん人形とかね。おもちゃたちのワクドキ感は可愛らしく、でも笑っちゃったのがケンとバービー(笑)
おもちゃたちの特性を使って脱出するくだりは躍動感もあって面白く、おもちゃである悲哀もきちんと描かれていて、最後にアンディと遊んでもらえておもちゃたちも幸せだよね…感動しちゃった。
自分と同じようにおもちゃを大切にしてくれるであろう少女に、ウッディだけは渡すのをアンディが一瞬躊躇するシーンでは、おもちゃと人間ながらも絆を感じとれてしまって、涙がでてきてしまいました。色々反芻したんだろうなと考えます、いいシーンでした。