いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ツーリスト

【概略】
傷心を癒やすためイタリアを訪れたアメリカ人のフランクは、ベニスに向かう車中で上流階級の美女エリーズに声を掛けられる。魅力あふれるエリーズに誘われるがまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、それはすべて仕組まれたわなだった…。
サスペンス


.0★★★☆☆
ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー共演。ポール・ベタニーさんもでています。
冒頭から、スパイかなにかなのかと思わせられる展開。美女エリーズとは何者なのか?
スコットランドヤードが、行方を必死に捜す金融犯罪者、アレクサンダー・ピアース。ポール・ベタニーさん演じる警部は、彼の行方を捜すため、彼の恋人であるエリーズを監視しているんですね。一方ピアスを追っているMr.ショーの組織もベニスへ来て…。
ジョニデにアンジーのため、もっとアクション&ロマンスな作品かと思っていたけれど、そうでもなかった。監督さんは「善き人のためのソナタ」の人なんですけどもね~。ハリウッド的スター映画にもなっていない、どことなくゆるんだ軽快な作品になっています。アンジーはミステリアスな美女役に合っていました。
中盤と後半のどんでん返しはありでしたね~。とくにラストの展開は予想がつくものの、ツーリストへの愛が生まれるのはなしだと思うよ。ラストの「えっこれでいいの?」なベタニーさんにときめいた。
これ、「アントニー・ジマー」のハリウッドリメイク作品だったんですね。アンジーの役どころはソフィー・マルソーさんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。