いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

トイレの花子さん新劇場版

【概略】
家庭の事情で、都会から母親の実家である田舎に引っ越してきた長澤さよ。佐伯真帆という心優しい少女と仲良くなるが、真帆は木下恵子らクラスのいじめられっ子だった。しかし、真帆は幽霊が出ると噂される学校の女子トイレで謎の死を遂げ…。
ホラー


.0★★☆☆☆
誰でも知ってる都市伝説「トイレの花子さん」。その花子さん伝説を踏襲しつつ学園いじめものとして典型的なストーリーが展開されていきます。
過去に小学校として使われていた田舎の高校に転校してきたさよは、クラスでいじめにあっていた真帆を救えずに不審死させてしまった。さよは学校のトイレの個室の中に立っている少女の夢を見た。それは気持ち悪さを感じるものだった。
しかし、トイレで赤いスカートの女の子を見たっていわれたら、「トイレの花子さんか!?(笑)」ってなるだろうに、誰もそれをいわない。不自然だなあ。それとも花子さんの存在がない世界なのか?
母親の存在が怖いなあと思ってたら、そういう伏線だったのか。昔7歳の赤いスカートの少女が行方不明になった。その母親及川亜由美がさよの母。子供が出来た事で男に捨てられ、新しい男の子供(さよ)を身篭って娘を邪魔に思い殺してしまった(らしい)母親。
赤いスカートの少女が求めているのは供養の花ではなく、人形だった。さよは人形を手に学校に向かうが…。
和式トイレの中から少女(どうみても小学生にはみえない)が這い上がってくるシーンはつい笑ってしまった(貞子を意識した作り)。穏やかな声で「さよちゃん」と話しかける少女を思わず抱きしめるさよだが、はさみで刺されていた。その後、回想として当時、笑いながら人形にはさみをつきたてている少女の姿が映し出される。それは、ないがしろにされ疎まれ続けてきた恨みのつもりだったのか…?
真帆のことがあって事件を追っていた真帆の兄もトイレに引きずり込まれる(水洗和式便所です、不自然w)
そして、血で真っ赤に染まったスカートをはいて人形を持ったさよの姿があるというラスト。
一見きれいに話がまとまっているかのようですが、謎がてんこもりです。そもそも少女の様子が(不細工だけど)、さよに対して悪意に満ちていなかったように思える。また、校長先生が怖がっていた謎と、真帆と恵子が何故殺されたのかも疑問。いじめ問題についても、最終的にいじめ関係者が皆殺しとかにされているわけではないので、この少女の話といじめの関連性がないと思うんですよね。それも、いじめを告発しようとしたら次のいじめのターゲットになるという連鎖!正直花子よりこっちのが恐ろしいよ!