いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

東京島

【概略】
世界一周クルーズの途中で嵐に遭い無人島に流れ着いた清子は、新たに漂着した16人の男たちと共同生活を始め、彼らから女王のような扱いを受けるが…。
ドラマ


.0★★★☆☆
これって「アナタハンの女王事件」と同じような設定だよね?あっちは実話ですが、それをベースにされたのかな?
主演が木村多江さんで、ちょっとキレイ過ぎるのが玉に瑕だけど、エルメスが協賛らしいです。でもそもそも男たちもみんなそれなりにこぎれいでちょっと不思議。
日本人男性側が新宿とか渋谷とか、地域ごとに地名をつけるところは失笑してしまった。中国人側と比べると、貪欲さが足りないんだよね。現在の日本人と中国人との違いを見せ付けられた気もします。
なんだかんだで男たちの間を渡っていく清子、生存本能は愛欲とも絡むはずなんだけど、あまりエロティックな場面はありません、残念。
女としての武器を遺憾なく発揮していく清子、貪欲です。生きて脱出するためにだけど。カスカベ、森軍司、ヤン。なんでも利用して脱出しようとするけれど、日本側はこの島で生き抜くことを総じて考えはじめている。「ただのババアなんだよ!」という言葉に傷つく清子、鏡でみた自分の思っていた自分との違いも、そりゃそうだよねと。でもそこでまさかの妊娠。女の最強の武器の登場です。
そんな中ワタナベは不法投棄船舶に拾われて、脱出。フィリピン女子たちも登場して、意外とみなここに流されてくるんだな~。
清子が産んだのは双子の男女。チキとチータ。しかし最後は悟っちゃった日本側が…。ラストは一体どうなるのかと思いました。これで、いいんだろうか?とも思える作品でした。