いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

特捜部Q 檻の中の女

【概略】
捜査が終了した事件の資料整理をする部署に左遷された元殺人課刑事が、女性議員失踪事件の捜査結果に疑問を抱き、再調査を始める。
サスペンス


.0★★★☆☆
未解決事件の書類の整理のはずが、未解決事件に取り憑かれていく刑事の話。
北欧から、くたびれた刑事が主人公の渋いミステリーが登場。事件はまだ、終わっていない―。見捨てられ封印された真実を追う2人だけの特別捜査班。
原作はデンマーク『特捜部Q』シリーズでその第一作の映画化作品です。本作では込み入った謎やなにやらはあまりありませんが(監禁ものですし)、まあまあしっかりと作られているという印象。シリーズ続編も映画化されるのならみてみたいレベルではある。
失踪から5年が経過した女性に生存の可能性が浮上するというミステリアスな展開と全体のくすんだ色合いが渋さを増す。
そもそも主人公の刑事カールが左遷されたのにもきちんと理由があって(仲間を待とうという進言を聞かずに突進→部下寝たきり&殉職)、寝たきりの部下からは絶望を訴えられ、根っからの刑事である主人公は最初は単なる書類整理の仕事に気乗りしてない。しかし新しいムスリム系の部下アサドが壁一面に事件の書類を貼っていったことによって、事件に集中し刑事としての情熱を取り戻していく…ということが、前半丁寧に描かれている。
未解決事件を再捜査する特捜部という設定も好みでしたが、ほどよい緊張感とゆるいエンタメ性のためTVドラマのようにして見られるのがいいですね。
くすんだ世界の中に印象的な赤い服の少女というのもなんだか北欧らしい。
解離性障害の弟をもつ女性議員の失踪が自殺ではなく事件だとわかるのですが、担当刑事がアホできちんと捜査していなかった。肝心の女性議員ミレーデは、加圧室の中に閉じ込められ、1年ずつ気圧を徐々に上げられていく。監禁は監禁だけど、エグイ…。
捜査ではなく書類整理だけを望まれているなか捜査している二人に上司はカンカン、よくあるパターンですね。カールはしょっちゅう寝たきりになった部下の元へいき、「頑固じゃなきゃおまえじゃなくなる」と言われ、再度奮起。
動機は家族の事故。犯人であるラースの生育環境もよくなかった事もあって暴力的な性格へと変貌、相手の車の生き残りのかつての少女をTVの中で見つけたんですね、そして周到に近づき…。
映画としては重みが若干足りない感がありますが、シリーズもの一作目と考えれば、今後に期待というところでしょう。コレ海外ドラマの一話とかなら面白いです。