いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

Dr.パルナサスの鏡

【概略】
2007年、ロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が街にやってきた。博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる「イマジナリウム」。博士の鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。 しかし、1000歳になるという博士には、悲しい秘密があった。それは、たった一人の娘が16歳になったときに悪魔に差し出すという約束をしたこと。タイムリミットは、3日後に迫った娘の誕生日。一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、博士は、鏡の迷宮で最後の賭けに出る。彼らは、娘を守ることができるのか?
ファンタジー


.0★★★☆☆
テリー・ギリアム監督の毒気のあるファンタジー世界ですね。ヒース・レジャーの遺作でもありますが、それを補う形としてそれぞれジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルさんがたが共演しています。
自分自身の不死の代わりに1人娘を悪魔に差し出す約束をしたパルナサス博士の移動式劇場の見世物は「鏡」。この鏡の中に入ると想像の世界を楽しむことが出来る。昔話かおとぎ話か、どこかで聞いたような設定ですが、ついに思い出せませんでした。
鏡の世界でのトニーをそれぞれ別人物が演じるということで上手くストーリーも合わせていて、変更点がどこだったのかわからないようになっていました。鏡のこちら側の世界はもう撮り終えていたのかもしれません。
世界観や舞台美術はとにかく抜群に素晴らしい。鏡の中にはいったトニーに扮するのはそれぞれマダムキラーなジョニーデップ、野心家のジュード・ロウ、慈善家の皮を被った悪人のコリン・ファレル。鏡の中だけ別人間化するので違和感がまったくないです。警官の頭がべろだして回転して飛んでいくなんてどうやって思いついたんだろう?
展開は奇想天外だしストーリーはちょっと小難しいと思います。余計なシーンも多く感じて途中でどんな話なんだったか忘れそうになります。それにしてもあの悪魔はなぜ何度もチャンスをくれるのか?試されているのでしょうか。EDもセンスがいいです。ただ面白いかといわれると困ってしまう作品かもしれません。
ヒロインの顔立ちが従妹に似ていてびっくり。三角形のおちょぼ魚顔なんだよね。