いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

となりのトトロ

【概略】
小学3年生のサツキと5歳になるメイは、入院中のお母さんを空気のきれいな家で迎えるために、お父さんと一緒に都会から田舎の一軒屋にと引っ越してきた。ある日、メイは庭で2匹の不思議な生き物と遭遇。それはトトロというオバケで、メイが後をつけると森の奥では、さらに大きなトトロが眠っていた。その頃、お母さんの回復が遅れ、退院が延びるという知らせが届く。どうしてもお母さんに会いたいメイは一人で山の向こうの病院を訪ねようとするが、途中で道に迷ってしまった。サツキは村の人たちとメイを探すが見つからないので、トトロに助けを求める。
アニメーション


.0★★★☆☆
トトロは苦手だ…。全く可愛いとも思えない。キャッチーな歌と音楽と、猫バスはいいアイデアと思うけれども、トトロ自体がどうも好きになれない。
後半、メイがいなくなってサツキがトトロに「どうしたらいいかわからないの」といったあとの咆哮とか、喰われる、喰われると思ってしまうし(笑)。
ストーリー的には私は姉の立場なので、サツキ視点。メイの気持ちはわからない。…が、よくある我が侭な子供と同じ。
「トトロに会っちゃったー!」のあとのカエルの「ぐえー」も怖い。

完璧な田舎暮らしと完璧な家族。お父さんが度量の大きい人物で、童心に帰るような二人の少女と田舎の自然の描写が美しい。そこはいい。
トトロと出会って不思議な体験をするだけだから、ストーリーは薄くて、メインは妹メイを探す部分かな?
画的には猫バスのスピード感(木がよけて行く感じ)とか、時間によって変わる影の位置とか、よく出来ていると思います。…ただ私がトトロを好きじゃないだけで、作品としては完成度は高いと思います。
あと、トトロ都市伝説は真っ赤な嘘なので。サンダルも似ているけど別の形状。