いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

富夫

【概略】
恋人・まどかと共に占いの館を訪れた富夫は、そこで出会った美しい年上の女性と関係を結んでしまう。しかし、女の本当の目的は富夫の首をコレクションすることであった。
ホラー


.0★★☆☆☆
伊藤潤ニさんの富江ならぬ「富夫」の映像化作品。ホラー漫画界の大御所「古賀新一×伊藤潤ニ×御茶漬海苔」通称“古潤茶”プロジェクトの第2弾です。
手を離したら死んでしまうため、病院へ向かおうとする富夫。首を切断され、首を押さえていたのだ…というプロットが全てですね。コレも字幕がないので聞き取りにくいです。でも首と胴体が切断されてて生きていれるとは思えないため病院でも扱いに困っていた。
干し首はなかなか良くできてましたが、占いの館の女性があまり妖しくなかったのが残念です。最初に首が裂けていく映像はなかなか良くできてたと思います。なんで完全に切り離されたってわかるのかは謎ですが(笑)
自業自得っちゃ自業自得なんだけどね。首にカードを差し込むのとかみてて痛かった。鏡で術を跳ね返したってところでしょうが、ラストの意味がわかんないや。下手に笑う演技は逆にドン引きでしたよ、病院の先生たち。漫画だと狂気的なんでしょうけどね。