いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

DOMIN8 ドミネイト

【概略】
農場で缶に詰められた女性の死体が発見される。心理分析官のトニーは、パートナーだった警部・キャロルの後任であるアレックスに引き続き協力を申し出るのだが…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
ワイヤー・イン・ザ・ブラッドシリーズ4シーズン1作目。はい、いつのまにかキャロルが降板、新しい女性警部と変わります(美人度はあがりましたが)。せっかくいままで信頼の絆を築いてきたのにね、また最初からですよ。…まあ違和感は慣れるまでかもですね。それにしてもキャロルもトニーに何も言わず海外移勤ってのは、ちょっと冷たくないか…(せめて電話とかさー;)
信頼をまた築いていくところから始まります。脳腫瘍の手術から信用を失ったトニーが信頼を取り戻していくのとアレックスとの絆をつくっていこうとするところと。そういえばポーラも段々強い女性刑事に代わっていってますよね。
缶づめの女性の腐乱死体、倒錯的従順欲というか、支配される女という構図。つまらない将来は嫌、と思うのなんてみんなそうですが、こういう倒錯的な欲望って一度はまったらぬけられないんだろうねぇ…。とはいえネットで知り合った相手に「支配される」ことを願うなんて危険極まりない。
トニーは相変わらずおかしいけど、脳手術したせいかちょっと性格が変わったかな?ちょっと積極的っていうかストーカーっぽいよ!
しかし面白いけど相変わらず地味ですよねこのシリーズ。