いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ドラキュラZERO

【概略】
オスマン帝国のメフメト2世から息子を含む1000人の少年を差し出すよう要求されたヴラド。彼は大軍に立ち向かうため、強大な闇の力と契約し恐るべき悪と化すが…。
アクション


.0★★★☆☆
トランシルヴァニアに対し、君主ヴラド3世の息子と1000人の少年を差し出すよう要求してきたオスマン帝国の皇帝メフメト2世。息子と民に辛い想いをさせはしない―そう決意したヴラドは、オスマン帝国の大軍に立ち向かうため山深くに分け入り、古くから伝わる強大な闇の力と契約を結ぶ。だが、その力と引き換えに、想像を絶する代償を支払わねばならなかった…。
吸血鬼ドラキュラのモデルとなった実在の英雄ヴラド。15世紀のワラキア(現ルーマニア南部)を治めたドラクル(竜)の子、父がドラクルと呼ばれたのは「十字軍・竜騎士団」に所属していたため。
ブラム・ストーカーの小説の「ドラキュラ」があまりにも有名になりすぎたため、吸血鬼=魔物=ドラキュラと言う図式が先立ってしまい、オスマンの兵を串刺しにして晒したとか、そういった一件残虐に思える行為も悪魔的に思われる一因になっているのでしょうね。フィクションのアクション・ダークファンタジーです。
本作が、植え付けられてしまった悪いイメージを払拭する一因になってくれれば私も嬉しいですが、難しい事を考えなくても単純に見られる作品でもあると思います。
自らの人質体験もあって、オスマン帝国からの要求をはねのけるのだけれど、勇猛で軍略に優れオスマン帝国に対してよく抗戦したと伝えられていて、本作ではそれを闇の力を得たからということにしています。ルーク・エヴァンスさんが野性味もあり知性もある人物として好演していました。3日間人間の血を飲まなければ元に戻れる、というのも良かったです。蝙蝠を使った映像もダイナミック。
しかしなにせ92分の作品なのでかなりテンポが良く意外とあっさり終わっちゃうのには若干の物足りなさが残ります。コッポラさんの「ドラキュラ」と比べるとロマンが足りなく思えるのは仕方ないかな。でもこれもありだよね。「その詩好きよ」のラストのところで来世と前世の予感を感じて。
太陽を照らし自分が作り変えた魔物たちと自らを滅ぼしてしまおうとするところ、よかったです(映像も)。結局はあの「ご主人様」の人が甦らせちゃうんだけど。続きが気になるところだけど、続編はなさそうね。