いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

【概略】
明の時代の中国。辺境の地の宿屋“龍門"には、60年に一度の恐るべき砂嵐が迫っていた。その影響で300年前に消失した幻の財宝都市が現れるとの噂が囁かれるなか、皇帝の子を身籠もって逃亡した官女スーと女侠客リンが“龍門"にたどり着く。折しもこの宿屋には、秘宝を狙う遊牧部族の王女チャン率いる盗賊が陣取っていた。やがてスーの命を狙う邪悪な宦官ユーの暗殺団と、打倒ユーを誓った凄腕の義士ジャオも現地に到着。かくして天が荒れ狂い、大地が揺れるさなか、運命に導かれるように“龍門"に集結した豪傑たちは、それぞれの野望と使命感を胸に秘め、命懸けの大決戦になだれ込んでいく…。
アクション


.0★★☆☆☆
ジェット・リー主演のアクションもの。ジョウ・シュンさん最近よくみる気がする。
邦題がファンタジーで笑えるなあ。たまにはワイヤーアクションもいいよねえ。北斗百烈拳とかもあったけど(笑)
序盤はちょっともたもたしていて眠たくなったけど、ひゅんひゅんと唸りを立てる剣やアクションスペクタルに目が釘付け。

圧政を行っていた東西の督主(東廟と西廟)に立ち向かう義士のジャオ。冒頭で東廟の督主を倒し、宿敵の西廟の督主ユーを倒すべく追い続けている先で、60年に一度の大砂嵐の日に失われた都が現れるという砂漠で、財宝を狙う盗賊たちや皇帝の子供を身籠りユーに命を狙われている官女、彼女を助けて旅の道中を共にするかつてジャオに想いを寄せていた女剣士リンなどが入り乱れて激しい闘いが繰り広げられる、というようなお話。ユーを演じるチェン・クンさんのクールな瞳が素敵でしたわー。

いつの間にか連携していた宿のみなさん。ほんと、いつの間にか…。ストーリー的にはたいした話ではないので後には残りません。久々にワイヤーですってアクションを見たという感じ。ありえねーなアクション満載なんだけど、そこが楽しい一作。ただ、まるで慌てて脚本をまとめあげたみたいなストーリーは雑ではあります。

女優陣はなんと最後に裏切る妊婦の官女も含めてアクションしてるのが嬉しいですね。武侠ものでは初の3Dなんだそうです。しかし、ひとりくらい黄金をちょろまかしてもってくるくらいの機転をもつ人物がいなかったのが意外でしたね~。