いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

トリック劇場版 ラストステージ

【概略】
ある日、上田次郎は村上商事の加賀美慎一から、海外の秘境にあるレアアース採掘のために力を貸して欲しいと頼まれる。例によって例の如く、上田は山田奈緒子の力を借りることに。
ドラマ


.0★★★☆☆
ついに見納め。まったりからマンネリへと移行しての最後の作品。
ネタが古くてよくわかんないというのもあるのですが、ゆる寒ギャグと内輪受け、ショボいピンチなどの相変わらずの感じ。個人的には無駄な「3D~!」が笑った。
事件自体はたいしたことがないです。北村さんのオネエキャラがはじけてたくらい。
OPのフーディーニの霊界からの通信の話。山田と上田、二人の距離が少しずつ縮まり気づけば名コンビとなった二人。単なる恋愛関係でくくられる関係ではなく、とても深い心の信頼関係があって、どっちも半人前で2人でいても半人前なんですが、その2人の走馬灯のように流れる軌跡が、今までこのシリーズを見てきた人にとっては、何ともいえない気持ちになるラストでしたよね。
おそらくあの爆発と同時に底が抜けたんだと思いますが(序盤のマジックドッキリショーが伏線)1年後の約束を、じっと待っていたであろう上田の心境がとても切なくてたまらなくなる。
出会いと同じシチュエーションで帰る山田(記憶喪失)をみて、たまらんという表情の上田の表情が、観ている人とリンクしましたね。山田が記憶を取り戻すのをずっと見守ってる上田というのもまたファンには変に2人がくっつくよりもドキドキのシチュエーションかもしれません。