いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝

【概略】
古代遺跡を悪党から取り返しているチャオ・フェイは、師・トゥから“伝説の古城の宝”の地図を見せられる。そんな時、トゥの娘が地図を狙う財宝ハンターに人質に取られてしまい…。
アドベンチャー


.0★★☆☆☆
主人公に全くもって華がない…と思ったら、グリーン・ホーネットのジェイ・チョウさんでした。ヒロインにレッドクリフのリン・チーリンさん。
古代遺跡アドベンチャーものですが、変わってる点といえば、主人公が発掘側ではないことかな。考古学者でもない。むしろ、考古学者や財宝ハンター達から遺跡や遺物を守っているというところでしょうね。
思っていたよりアクションはそこそこ、アドベンチャーとしてもそこそこ。CGやワイヤーアクションなんかを工夫してはいると思います。
チャオ・フェイは依頼されながら仕事をしてるんですね。武器は鞭。しかし包帯グルグルマンとか笑ってしまった。包帯をストップモーションで避けたりしてるのですが、そりゃ裂けるわな、包帯だもの。
「砂漠の鷲」一族は伝説のとおり存在していて砂漠で代替わりしながら生きている。その代替わりの時の対決の人物がチャオ・フェイだったんですね(その時は友情のためわざと負けた)。元々はトゥのもとで10年位いて、そのあと砂漠の一族に10年くらいいて、再びトゥの元へ戻ったという事でしょうか。
ところでタオタオとの再会・愛という名目はあるものの、砂漠の鷹の出現には意味はあったのか…。考古学者の告白にもそこまで衝撃を受けるようなものではなかったなー。宝自体も結局一体なんだったのか、謎のままです。
全体として微妙な作品になってました。