いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ドローン・ヴァイルス


【概略】
スキャンテック社が開発した最新鋭のMRI、それは今まで発見することが困難だった微小なガン細胞までも見逃さない画期的な検査装置のはずだった。しかしそのMRIで診察を受けた人が発作を起こして死んでしまう事故が連続的に発生する。なぜ検査中に発作が起きてしまうのか…MRIのプログラムに問題が?医師による医療ミスなのか?それとも、事故ではなく殺人なのか…?
サスペンス


.0★★★☆☆
MRI検査を受けたことがあります。あの空間に入るときって磁力が発生してるからか物凄く「空間に入った感」がありますよね。主人公の娘が「棺おけの中の気分よ!」と作品中でもいってましたが、まさにそのとおり。物凄い閉塞感と出られないという恐怖感を感じました。私が受けたのは、この作品のMRIよりももっと空間に余裕のない、目の前5センチで壁ってな狭いものでしたが。
この作品では最先端のMRIを行った人が死んでしまうという原因不明の事故が起こり、そのMRIで娘を失った父親がその謎を追うというもの。
ジャケット写真がまるでデジタル蜂の巣のような画像だったので、もしやSFもはいってるのかと思ったのですが、そうではなかった。
最初はあやしいと思っていた女医者が途中からは協力者で、犯人自体もなんとなく違和感があったんですが……ラストはやはり。
普通のパパかと思ったら、この主人公、以外にも実は過去のある人物でしたね。