いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

永遠に美しく…

【概略】
若返りに異常とも言える執着をみせるマデリーンとヘレン。彼女達はそれぞれに巨額を投じて遂に不変の若さと美貌を保障する世紀の秘薬を手に入れる。だがその秘薬は、たとえ死んでも絶対に死なない特効薬であった。
コメディ


.5★★★★☆
ロバート・ゼメキス監督作品だったんですね、これ凄く好きでした、面白いよねえ~~。
大女優二人…メリル・ストリープとゴールディ・ホーン…が、どん欲で虚栄心の強いセクシーな熟女、その2人に翻弄される男をブルース・ウィリス。でも正直、女優2人にばっかり目がいって、Bウィリスってことすっかり忘れてましたよ。
不老不死の薬を飲んだ2人の美女が、「絶対死なない体」となって繰り広げる壮絶バトルを描いたブラックコメディ。この、いわゆるゾンビ化した体の動き方だとか、お腹に穴が開いて向こう側が見えてるのとか、首が廻るのとか、本当に笑えたし面白かったよねー!
ちょっと不気味で、でも女の本音ですよね。男性と違って女性の場合はやはり若くて美しいってのは、永遠の課題なんじゃないかな。私のようにそう美を気にしていない人でも、やはり20代後半からは、老いを感じてきますよ…。逆に若いときから美に執着しているほどなら、どれだけそれが気になるか。
それにしても、中盤もラストも今観ても豪快な階段の落ち方をしています…。