いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハードキャンディ

【概略】
出会い系のチャットで知り合った14才の少女ヘイリーと32才のカメラマンのジェフ。ふたりは意気投合し、会う約束をする。素直でキュートなヘイリーを気に入ったジェフは、彼女を自宅に誘い込む。恋人がいながら、少女への興味がつきないジェフにとって、ヘイリーは恰好の相手。しかし、罠にはめられたのは彼だった。
サスペンス


.0★★★★☆
パトリック・ウィルソンが罠にかかった主人公を、JUNOのエレン・ペイジが14歳の少女を演じています。エレン・ペイジの魅惑的過ぎない子供の部分が色濃く残った顔立ちが印象的ですね。
まるで少年のような顔立ちの幼い少女が、カメラマンの青年を縛り上げて精神的拷問。しかも、隣家が出かける日の下調べまで。
少女専門の男を標的に罠にかける少女…たださ、中盤は観ていると自分勝手な理論を展開していく正義感ぶった娘にしかみえなくて痛々しかったです。大変な自体に陥った男のほうに同情がいくからです。ただ次第に男の本性と少女の目的もわかりはじめて…。
「パパの医学書を読んだから大丈夫よ!」と去勢手術をしようとする少女(;,゚;ε:゚,:)
少女の外見と大人の論理をもった赤ずきんと男の心理戦はなかなか面白かった。
飴鞭が本当に上手いです。
どちらが正義や悪なのかはこの作品では関係ないと思う。
もうすでに共犯者を自殺に追い込んでいる少女の、男の死ぬところを見つめての「…なんてね」が良かったですね~。