いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

はじまりのうた BEGIN AGAIN

【概略】
ミュージシャンの彼デイブに裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダンとの出会いがデビューの話へと発展するが、録音スタジオはなんとニューヨークの街角!?路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。
ドラマ


.0★★★★☆
キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ共演。
凹(へこ)んだ心はいつか凸(ふく)らむ。
傷ついた二人が、「音楽」によって生きる力を取り戻していくというところが、素敵ですね。ダンはグレタの歌の才能を信頼しているし、グレタはダンのプロデューサーとしての才覚を信頼しているんですね。それがお互いの表情からわかるのが素晴らしいです。またグレタとダンは、最愛の人に一方的に裏切られたという同じ境遇でもある。
二人の出会いのシーンが素敵。グレタの歌う作りかけの曲に、ダンにはバックアレンジ聞こえているというシーン。
グレタとダンは、小さな酒場で出会い、そして一緒にデモ・アルバムを作ろうとする。グレタは恋人と別れて(恋人と一緒に作った曲が映画の主題歌になり恋人だけが出世→新曲といって聞かされた歌が新しい恋…浮気…を示唆するものだったため)親友の家に転がりこんでいる状態だし、ダンは、会社をクビになったばかりで、曲を録音するための制作費が出せない。そこで、グレタとダンは、音楽をやりたい若者たちを集めて、郊外で曲を録音しはじめる。物語の舞台となっているニューヨークで、周囲の環境音も一緒に録音してしまうという方法で。
キーラの少しハスキーな歌声が、とっても素敵でした!レコーティングしていくうちにどんどん縮まる二人の距離。だけれどここで陳腐に二人が愛し合うということにならなかったのが素晴らしい。「音楽は日常の光景を変える」という言葉に合った結末でした。
グレタはデモ・アルバムを作る過程で本当に大切な事に気付いたし、ダンもまた同じく…。どの楽曲もとても素晴らしく、DLしたくなった!
エンドロール中、「やっぱり契約しない」と言ったグレタを全く怒らなかったダン。彼は予想していた。あのアルバムは1ドルでネット限定販売をすることになる。勿論ダンはまたレコード会社をクビだ。しかし二人の心が晴れ晴れとしているのが伝わってきて、最後の最後まで素晴らしい映画でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。