いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

【概略】
かつてジャック・スパロウは自由のために、ブラックパール号の船長として13年間を過ごした後“深海の悪霊”の幽霊船フライング・ダッチマン号で永遠の労役に服するという“血の契約”を交わした。そして約束の年、使者がやってくる…。
アドベンチャー


.0★★★☆☆
2作目、3作目と話が繋がっています。
深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズが出てきます。ブラックパールを手にする時に交わした契約のため、デイヴィ・ジョーンズに追われるはめになったジャック、結婚式をジャックを助けた罪で邪魔されるウィルとエリザベス。今さらだけどデイヴィ・ジョーンズってビル・ナイさんだったんだねぇ。
このデイヴィ・ジョーンズの宝箱に閉じ込めた心臓がベケット卿に奪われるまでを描いていますが、東インド会社が出てきたり1作目よりスケールが大きくなり、ジャックのくねくね具合も快調です。
幽霊船フライング・ダッチマン号が海下から乗り上げてくるところも迫力満点。デイヴィ・ジョーンズも手下達も化け物なんでインパクト大。
壮大な海のシーンは良かったです、やっぱり海賊ものは海の上でしょ♪クラーケン戦も迫力いっぱいでしたねぇ。YOHO!
1作目よりもダークな世界観となり、敵ボスの存在も「人」ではないためおどろおどろしくなっています。
ジャックを失って一体どうなるのか!?そしてバルボッサ登場でなに━━(゚Д゚;)━━!というところで続く。映画館で見たときは「えっここで!?」と思ったものでした。
ワンコが大王になってるのはちょっと笑った。ミッキーはみつけられませんでした。