いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハウンド

【概略】
20XX年のある夜、隕石群が地球に接近。その隕石が発するパルスにより、あらゆる種類の犬が突然凶暴化してしまう。アメリカのある街では、デイヴたち家族4人が決死のサバイバルに挑んでいたが…。
パニック


.0★☆☆☆☆
犬が人類の敵になるパニックもの。
20XX年のある夜、流星雨が降り注ぎ、その隕石が発するパルスによって恐るべき異変が人類に襲いかかる。あらゆる種類の犬が突然凶暴化し、人々が餌食となってゆく…。
ま、それだけの内容なんですが犬好きな人にとっては悪夢になるのかもね。
ただ極端につまらない内容で、てっきりリーダー格のボス犬を先頭にワンコどもが何十匹と群れを成して突如襲ってくる映画なのかと思えば…じわっじわと進む展開と大好きな飼い犬だけは家族、みたいな主人公の少女と…。友達を見捨てて自分だけ逃げだした少女がかまれ死にするのとか…シェップにはあまり影響がないようにみえるのも「ん?」て感じだし…。そもそも「来た」とかいってみてみたら3匹の犬が現われてるだけで。
犬の目が普通でジャケ画のような凶暴性を感じられないのもマイナス。
結局ラストは家族揃って飛行場に向かうも、そこには大量の犬がいて(みな伏せてるw)飛ぼうとしたら一斉に追いかけてきて、違う静かな町に到着したら「犬しかいない…」という絶望エンド。