いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

BUG/バグ

【概略】
息子を失い傷心のアグネスは、元夫の暴力から逃れモーテルにひとり身を潜めていた。そんなある日、彼女は辛い過去を背負うピーターと出会い心を通わせ始めるのだが…。
スリラー


.5★★★☆☆
要するに分裂症妄想にある男の狂気世界に引き込まれる女性の物語です。
狂気は伝染するのか、むしろ異常に虫を怖がる男と孤独な女、この2人が出会うことで倍加されたのか。もともとそれぞれの世界の中ではすでに精神不安定の部分があったんですよね。それが同じ時間を共有することで共鳴してしまったのかも。お互いにお互いしかいない、自分と一緒にいて、助けて、そう思ってしまったときから全ては変わってしまったのかも。
あの無言電話は本当に無言電話だったのかな?虫は本当にいたのか?
前半はそうでもないですが後半は凄かったですねー!完全にヒロインは依存してしまっている。被害妄想と狂気の狭間、役者2人の気迫は物凄い。
経過するごとに部屋の内装がかわりまくるのもビックリ。
「マシィーッン!マシィーッン!!」あそこのピーターの変貌ぶりは物凄い…。この役者さん舞台でもピーターを演じてるそうですが、いやもうこの人にしか出来ませんよこれは…。アグネスの「スーパーマザーバァグッ」ここのところの長回しも凄かったですよね。
RCなど、現実世界視点からみると彼らは確かに異常なのですが、ついに虫が血の中にまで寄生してきた彼らの決断は、ある意味で幸せなのかも…?
このBUGというタイトルはコンピューターを破壊するバグと虫のバグをかけているそうです。