いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

白蛇伝説

【概略】
千年蛇の精・素素と青年・許仙は恋に落ち、夫婦となって共に暮らし始める。だが妖怪退治の法力を持つ高僧・法海は、その正体を見破り、大蛇の威力を封じようと戦いを挑む。
アクション


.5★★★☆☆
ジェット・リーが久々にアクションしてます。高僧の役どころ。
南宋時代、人間界の妖魔を退治する高僧・法海は雪女を法力で封印した。その頃、深山に住む白蛇の精と妹の青蛇の精は一緒に人間界を観光に来た。白蛇は名を素素とし、川へと落ちた青年許仙を助ける。後に両人が相思相愛の仲になり、夫婦として暮らし始める。法海は素素が白蛇の妖怪だと見破り、素素・妹の青青と闘う。

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」系のストーリー。懐かしいビビアン・スーさんが雪女を演じています、出番は冒頭だけだけどね。
「海洋天堂」で親子を演じた二人が師匠と弟子と関係というのはまた面白いものですね。
妖怪と人間、二人の恋路をお邪魔虫する高僧は、ちょっといけずな立場。悲恋物語なんですね。ほぼワンシーンのみのラム・シューさんも良かった。
それよりもちょっと見てほしいのがこのビジュアル。

きも!Σ(゚д゚;)…というか、そうかこういう系の世界観なのかとわかると思います(笑)
ラストバトルは大津波を起こしたり怪獣的なサイズの大蛇となったり、度派手なCG満載の作品に。そんな彼らに立ち向かうのは法海和尚の法力のみ!あ、途中で仏の加護発動してましたけど。
大津波のシーンは今の日本じゃちょっとまずいかもねとは思いつつも、大蛇とかメデューサ状の蛇攻撃とかなんだかその大味でダイナミックな世界観にひきこまれちゃったりもして、なかなか面白くみれました。

(↑水に沈んだ仏頭の上にいるのが法海和尚。仏の加護発動!)
ラストは実は歌もミックスして結構感動しちゃったりして。切ないよねえ、許仙は生涯をきっとあの塔の周りで過ごす事になるんだろうね。