いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

HATCHET/ハチェット

【概略】
恋人に振られた気晴らしに、ベンは友人を誘い“深夜の怪奇沼ツアー”に参加する。しかし、道すがらボートが座礁してしまい、一行は忌まわしい伝説の残る土地に上陸することに。
ホラー


.0★☆☆☆☆
深夜の怪奇沼ツアーをしていた面々が座礁したため、ビクターの伝説の残る忌まわしい土地へと足を踏み込む…。
悲惨な死を遂げたと思われていたビクターは生きており、森の中で人間たちを狩っていたのでした。一応殺し方を色々試していたり、それなりのスプラッター度やユーモア?もありました。わざとらしい昔ながらのオーソドックスなスプラッタ描写には好感ですが化け物メイクはさほど良くは無い。ただ父親を呼ぶ声が…のわりには子供姿ではないビクター・クロウリーにはビックリで(子供姿のほうが面白かったかもね)、なんせ話が本格的にはじまるのが半分を過ぎた頃というのはちょっとだるかったです。
化け物が斧をもってふんだんに血糊を排出させてます。太っちょの奥さんの口ぱっくりはよかったよね、立派な切り株作品になってました。ただ化け物っていってもけっこう打たれ弱いんだよね(笑)
ラストなんかも昔ながらのホラーです。オススメはあまり出来ません、C級ホラーかなと。