いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

バチカンで逢いましょう

【概略】
ローマ法王に会うため、ひとりでバチカンまで来たマルガレーテ。そこで廃業寸前の料理店を復活させたことで、法王庁から菓子作りを依頼されるまでになり…。
ドラマ


.0★★★☆☆
夫を亡くしたマルガレーテは、娘たちとの同居も老人ホームへ行くのも拒否し(娘は老人ホームに入れる気満々でした/笑)、ローマ法王(教皇)に会うためにたった一人でバチカンに向かう。敬虔なカトリック信者として、これまで夫と幸せに暮らしてきたマルガレーテは、法王の前で懺悔しなければならないことがひとつだけあったのです。
この秘密は、ちょっと、旦那さんが気の毒だなーと思いました。実は昔一度だけ浮気したことがあるの!というだけなら可愛げがあるものの、浮気相手の子供が出来た上に黙ってて旦那に育てさせるとか…ちょっとアンタ、懺悔で済むのか?これ。私は一夜の賜物なの!?って娘が怒るのも当然かな。
また「チャーミングなおばあちゃん」というのが一応売りの映画なのですが、どうも引っかかる懺悔内容と、肝心なところで逆切れする小太りおばあちゃんにしか見えず、もっとシャキシャキとした、自ら潰れかけてる店を手伝って、自分の道を切り開いて行くような話なのかと思っていたので、肩透かしがあったのは確か。
バチカンに向かったマルガレーテはイタリア人の老詐欺師ロレンツォと出会うのですが、そしてひょんなこと(法王に会うのを協力する代わりに~)でマルガレーテは「こんなまずいもの食べられねえ!私に作らせろ!」とローマの廃業寸前のドイツ料理店のシェフとなって店を復活させるんですね。
でもね、ここもおかしいの。ロレンツォの甥が店をやっていたのですが彼全く料理できねーの。なのに後半では華麗にシェフに変身。なんで?
そんでもって評判が届いて法王のためにドイツ菓子を100人分依頼されるまでになるんですが、評判が届いたというより、ロレンツォが裏で手を回したからでした。ツテって凄いね。お前なにものだよ。そして菓子が美味そうに見えねえ。
個人的にはハートが全然ウォーミングになりませんでしたが、おばあちゃん・娘・孫関係はスッキリするのでそこは良かったです。