いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

バーチャリティ12

【概略】
人類絶滅が確定的となった地球を守るため、10年にわたる太陽系外調査に出た宇宙船・パエトン。船内の様子はリアリティ番組として放映されていたがある日、システムの不具合が生じ…。
サスペンス


.0★★★☆☆
ニコライ・コスター=ワルドー主演。
異常気象による人類絶滅が確定的…というのがなんだかリアルな設定ですなあ。人類の存亡をかけた唯一の希望の星・宇宙船パエトン号は、10年に渡る太陽系外調査ミッションに出た。12人のクルーの様子はリアリティ番組として放映され人気を博している。そんな彼らの唯一の慰めはバーチャル・リアリティ・システムだった。現実では為しえない夢をバーチャルで楽しみ、日々のストレスを発散していたのだが、ある時システムで不具合が起き、バグが入り込んだ疑いのあるシステムは暴走を始め、遂にシステム外で殺人が起こってしまう…。
シエンナ・ギロリーさんも出ています(相変わらず美人)。他にも色んな海外ドラマで見た顔がちらほら。
次第に「役」に飲み込まれる。常に見られてると重圧とプレッシャーから次第に自分の「役」に溺れてしまうのかもしれない。
船長とリカは不倫するヴァーチャルを愉しみ、それを見ているリカの夫の精神科医というのも、実は精神科医が仕組んだことなのか?とか思える部分もあり…。
結局、人工知能が事故を起こした犯人ではないかという疑惑が残る作品ということで、ありきたりの設定ではありますが、なかなか面白い作品でありました。ストーリーだけ見ると、とても私好みの作品なんですよねー。萩尾望都さん竹宮恵子さんのSFものが好きだったので、こういった宇宙での閉塞的な設定における事故やサスペンスものなんかにも心惹かれちゃうんですよね。
ただ…もっと深い真意はありそうなのにそこまでたどり着けない自分の頭が憎い。