いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

花のあと

【概略】
藩の要職を務める名門・寺井家のひとり娘として生まれた以登。幼少の頃から父より剣の手ほどきを受けていた彼女が、武士の家に生まれた運命を受け入れながら凛として生きていく姿を描く。
時代劇


.0★★★★☆
藤沢小説の映像化は見逃せないでしょ、ということで借りてみました。海坂藩ものですね。
名家の娘と下級武士の剣士、出会いは一時だが恋に落ちた。しかしどちらにも嫁ぐ・ムコに入る相手がいるわけですね。運命を静かに受け入れ、想いを断ち切る以登に、その相手・孫四郎の自害の報が入る。なぜ、どうして?以登は許婚の片桐才助の力を借りながら藩の陰謀の真相を知るのだが…というストーリー。
北川景子さんが主人公の以登を演じています。脇役陣には柄本さんや市川亀次郎さん國村隼さんなどの上手い人をいれて固めてあり、許婚役である常にニコニコ笑顔の甲本雅裕さんにはゆったりとした懐の深さが感じられました。正直北川さんの演技力はいまいちなのですが、初々しさがあったのが救いです。
桜の美しい儚さと、終わる青春の儚さが似たように感じられ「惜しいこと」と言う以登の気持ちは真っ直ぐです。また橋での描写はいいですね、出会いとはいえないかもしれませんが孫四郎から以登への気持ちが感じられます。
貧しい海坂藩なればこその陰謀ではありますが、その後ろには藤井勘解由の腹黒い色欲や横暴性が絡んでいる。國村隼さん演じる父には、娘の気持ちがわかっていたように思えます。また一度だけと才助が理由を聞くシーン、これも破顔する笑顔なのですが、「ど~せそのような事と思った!」と言いましたが本当は理由もわかっていたんでしょうね。
才助の飄々としてとぼけた部分がなんともいえない優しさと大らかさを感じ取れいいバランスです、ラストも清々しかったです。
原作本、もう一度よみたくなった。