いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

【概略】
極秘機関・BPRDのエージェントのヘルボーイは、恋人のリズや水棲人のエイブと共に怪事件の捜査にあたっていた。ある夜NYのオークション会場が凶暴な怪物に襲われる事件が発生。ヘルボーイたちはなんとかこれを退治するが、人前に姿をさらしてしまう。その頃闇の世界ではヌアダ王子が人間を抹殺すべくゴールンデン・アーミーの復活を目論んでいた。しかし復活に必要なパーツを王女のヌアラが持ち出しており…。
SFアクション


.0★★★★★
ダーク・ファンタジスタ、ギレルモ・デル・トロ監督作品です。相変わらずのビジュアルセンス感!どうしてこの方はいちいちツボをついてくるんだろう~。
冒頭の絵本世界の幻想感あふれる人形ヴィジュアルも好き。白塗りのヌアダ王子が、冒頭から素敵だったりするんですが、もうね段々…格好良く思えてくる!
超常現象捜査防衛局で秘密裏に人類を守っているヘルボーイとエイブ、リズ。実はリズは妊娠していたり(やることやってたのね…)と彼らの仲も進んでいます。ヘルボーイと憎まれ上司マニングとの胃の痛い関係はユニークですよね。(そしてどうやら前作のマシューズは左遷させられたらしい)

新メンバーヨハン・クラウス博士がまたよかったですね、ほんと…実にあけっぴろげな(笑)エクトプラズムが本体のようですが、なかなかいいキャラをしています。プラズマ状態で鼻歌しながら軍隊歩きで去る後ろ姿がたまりませんでした。ドイツ軍人ということで前作とつながりあるのかなー?なんて思っていたんだけど、そのへんの謎は明かされませんでしたね…。

世界観がかなり広がりましたね!闇の世界の住人達は前作以上の出来ですね。多彩なうえセンスがいいと思います。しかも大小色々とりそろえてるよね。個人的に死の天使がやっばーーーい!超好み!(翼に目がいっぱいついてて口しかないやつです)
ただ、残念なのが、結構あっさりと凝ったシーンが終わってしまうことです。展開がはやいというか…。ある意味贅沢ともいえるのかもですが。
いやぁ面白かったです!全体のストーリーを考えると、メインの「アヌン・ウン・ラーマ」の運命…人類滅亡ストーリーへの布石のような展開でしたね。