いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

シング・ストリート 未来へのうた

【概略】
1985年、ダブリン。冴えない日々を送る14歳のコナーは、音楽好きの兄とロンドンのMVを観ている時だけが幸せだった。そんなある日、彼は街で見掛けた少女・ラフィナにひと目惚れし…。
青春



1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィーナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まったー。
「音楽さえあれば怖いものなんて無い!」と言わんばかりの希望に満ち溢れた作品でした。
冒頭、美女のラフィーナに出会った事でバンド組む決意をするコナー。個性的なバンドメンバーが集まり、バンド「シング・ストリート」の結成。

流行りの音楽や兄ブランドンのオススメの音に影響され、コナーはそれらをどんどん吸収する。鬱屈した環境や純粋な想いを原動力に曲を作ったりする。転校当初真面目でオドオドとしていたコナーが、当時のバンドの影響でファッションなどの見た目の変化を繰り返し、ダサいところからだんだんと洗練され、まるで音楽に導かれるように自分の表現を見い出し自信を付けて行く。そして見違えるまで成長したコナーの姿を見て、すごく感慨深い気持ちになる。音楽は人に与える影響よりも、まずは自分がそれによって自身の世界を作り変えていくものなんだなって。

中盤、体育館でのコナーの願望&理想的な妄想で実にエモーショナルな曲がかかる。ここでまたグッと心が掴まれる。また本作で出てくる「シング・ストリート」が歌うオリジナル曲がどれもとっても良くって、びっくり。ギグのシーンとか涙出てました。声が凄くいいんですよ。あの場にいたら私も校長の仮面つけてノリノリだったろう。
音楽が持つ魅力の可視化的な映像演出が卓越したセンスで描かれていた。
それぞれ写真とデモテープ、それだけで小さな船で英国に向かうラフィーナとコナーの無謀さも、青春そのものでしたね。兄がまたそれを後援する。
兄弟愛がよかったよー。俺が切り開いてきた道と言う葛藤はあったけど、弟に全てを託す兄というのこの存在は、監督に亡くなった兄がいて、その兄を投影したものらしい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。