いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

【概略】
紀元前1290年。大司祭イムホテップは、王の愛人アナクスナムンと許されぬ恋に落ち、エジプト王家が眠る死者の都ハムナプトラで、生きたままミイラにされる極刑を受ける。時は流れて1926年。エジプト学者のエヴリンは、元傭兵の冒険家リック・オコーネルの案内で、兄のジョナサンと共にハムナプトラを探検に訪れる。そして、ひょんなことから呪いの封印を解いてしまい、邪悪な力を持つイムホテップを蘇らせてしまうがー!?
アドベンチャー


.0★★★★★
イムホテップ役のアーノルド・ボスルーさんの好演も懐かしい、本作。レイチェル・ワイズ、ブレンダン・フレイザーさんらが主演。
私、この一作目大好きです。弟と一緒に「イ-ムホーテーープ」(兄が存在をごまかすために周囲になりきるシーン)とか笑っちゃってました。砂漠での顔が襲ってくるシーンなども迫力満点で、インディ・ジョーンズ以来久々にみた「大作系娯楽アドベンチャーもの」だったなあ。
実在した有名な彼イムホテップを悪役として登場させるのも楽しく、エジプト展や歴史に多少でも興味ある人なら、ワクワク感があったんじゃないかな~。
小気味よい展開。悪役の存在感、十戒に出てくる10の災い、恐ろしいスカラベ、動くミイラ達、アクションにロマンスなどなど、コミカルなタッチで描く冒険活劇に死角はない!(…かな?)
いいなあ、私もエブリンみたく象形文字読めるようになりたいなあ、なんて夢みたいな事を思い描いちゃった時期もありました(笑)根拠のない憧れみたいなものだけど、エジプトの3000年の深い歴史が人を駆り立てるのかな。
イムホテップの中途半端に蘇った姿がステキ。ラストの攻防までコミカルタッチで面白い作品。