いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

パラダイス・キス

【概略】
女子高生・早坂紫はある日、ファッション業界を目指す専門学校生から学園祭のショーのモデルにスカウトされ、学園一の天才と称えられるジョージと出会うが…。
ロマンス


.5★★★☆☆
矢沢あいさんの原作漫画は未読。とても漫画チックなストーリーで、リアリティさは感じられないが、それもまた矢沢さんの絵柄の現実味のなさと同じで、まあこんなものなんじゃないかと思う。
ジョージたちとで出会った事で主人公の紫の外見が劇的に変化するわけでもなく…その辺はもっと大げさでも良かったように思いますね。また、彼女の人生を変えるカリスマ的な魅力を持つという設定のジョージにおいても、それお洒落なのかどうなのか?と疑問に思わざるを得なかった。
また、映画の見どころはファッションショーだと思うのですが、如何せん、映画に出てくる服のデザインに感動できませんでした。「私が堂々と歩いて惹きつけてやる」的な台詞も、特にカリスマ性を感じることなく終わってしまった。私が服飾関係に興味ないものだから、あの衣装素敵!とかにならなかったものだから、ふ~んで終わってしまう。原作読んでる人はどうなんだろう。
そんでもってキャラクターの感情描写も薄くて、いつの間にかハッピーエンドになっていた。それはそれでいいのかもしれないけれど、やっぱり共感できる部分がなかったかな。(3年後の描写もいきなり売れっ子モデルになってる紫に違和感…)
いつどういう風に紫とジョージが、惹かれあって行ったのかがわかりにくく、伝わってこなかったなー。