いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

BALLAD 名もなき恋のうた

【概略】
天正2年。小国、春日の武将の又兵衛は、合戦のさなか命を狙われるが危機一髪で突然現れた少年に救われる。未来から来たという真一の話に半信半疑の又兵衛だったが、廉姫から面倒を見るよう命じられ、困惑しながらも次第に真一と心を通わせていく。そんなある日、廉姫に婚儀の話が持ち上がる。相手は大国の大名、大倉井高虎。それは小国の春日にとって願ってもない申し出だったが…。
ドラマ


.5★★★☆☆
「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写リメイク作品。なにも泣ける作品をわざわざ実写にしなくても…とは思いましたが、一応みてみました。
ああ、なるほどねえ、と。それなりに忠実に再現してはいるものの、評価が分かれるのも仕方ないのかなと思いました。

恋の部分に関しては、想いの届けられない相手だからこそ募る想い、そういうものはそっと表現しないといけないでしょう。ドラマ部分に関しては、現代の自由に生きることの素晴らしさを伝えてしまってはいけないでしょう。この辺のバランスは難しいとは思いますが、あえて表現してしまったことでそれぞれが少々破綻してしまってるんですよね。

ただ、邦画としてはそう悪くはない作品の出来栄えになっています。というか意外と面白かった。
戦国の小国の合戦部分の作法もきちんと描かれていて好感がもてました。新垣さんは可愛らしい姫でしたし、草彅さんの又兵衛もそう悪くはない。真一の父親が写真家だったという設定も活きていましたよね。ただし髻をとられたのは武士としては恥じと思わないのが不思議。あと又兵衛が撃たれたのが真正面というのが…(えっ味方側から?)
ちなみに野原家→川上家で名前も変わっています。
悪くない作品ながら、でもそれならやはりアニメがみたくなっちゃうかな。