いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

地獄の血みどろマッスルビルダー

【概略】
古い写真に写り込んだ不気味な顔を調べるため、ある屋敷を訪れた一行。怪現象が次々と襲い掛かる中、霊能力者の秘められたパワーが忌まわしい怨念を呼び覚まし、屋敷は血みどろの地獄と化す。
ホラー


.0★★★☆☆
なんと15年をかけて作られた作品。そのせい?で少し古めな気もするけれど、とても丁寧に作られているのがわかります。しかし、もう少しましなタイトルはないんかい、と思いつつも、内容をみるとこれで良しかなとも思えてきちゃうのが凄い(笑)

映画製作については詳しくないので監督のインタビューとかをみてもらうとして、内容は、面白かったです。ちょっとマニアックだけどね。自主販売してたところが、ネット反響が良くて、ツタヤさんが推薦として置いてくれたらしいとか、製作期間が15年超、自主版DVD商品化に2年、そしてこの完全版リリースまで更に2年。約20年越しという発売までの長い経緯があったわけです。なんと62分ですよ。
監督さんのブログ「地獄のゾンビ劇場」もあるらしい。

どうしても低予算さと、切断された生首が作り物に見えたりなどのひと昔前の特撮を感じちゃいますが、そりゃあ15年かけてたらそうもなるわなあとも思ったり、むしろそのチープさが味なのではとも思えたり。手作り感満載で、その分手をかけられてるのだろうとも思える、なんともいえない画的迫力みたいなものもあって、力技で一本取られました!
幾つもの新作が出ている和製シリーズホラー映画よりも、面白かったですよ。

楽しく笑える部分もありましたし。後半、自分の武器はマッスルだ!と気づいちゃうところとか、霊界通信とか、体を切断してるのに痛がってる生首とか、落ちてくる金だらい?なべ?とか、真面目にやればやるほど可笑しくなる。