いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

パラノーマル・アクティビティ4

【概略】
2011年11月。女子高生・アレックスとその家族は、隣家の息子・ロビーを預かることになる。だが彼が来て以来、家の内部で次々と奇妙な現象が起こるようになり…。
ホラー


.0★★☆☆☆
新たな一家の観察日記になってますね…。ケイティは新たに居住している様子、それもなんかおかしな設定。ケイティと暮らしているロビーを預かった向かいの家では超常現象が。
またも画面注視な終盤までは何の面白味もない一家の様子が映し出されるだけで退屈なのが気になる。ヒロインの少女アレックスが可愛らしいので、何の変哲もない普通の幸せな一家が怪奇現象に襲われる悲しさはありました。
ゲーム上のトビーというキャラが勝手に動いているシーンなどがあり、またゲーム機の光の反射のなか、ヒュンと移動する姿が映ったり、ダンスしている子供たちを眺めている映像なんかもおさめられてました。
なにかあると感じたアレックスとBFのベンは家中のPCに録画機能をつける。シャンデリアが脅すように落ちてきたことでロビーがこの家に何かを連れてきたのだと確信するアレックス。まあ気にしすぎ感もありありなんですが、それをいっちゃストーリーが進まないのでね。PCで調べたマークが肝でした。またも「魔女」の単語。
ラストはちょっとだけ「ふ~ん」な展開に。結局ストーリーとしてはそんなに進まなかった^: