いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT

【概略】
アメリカ旅行中に事故に遭った春花は、浪人生の弟・幸一に介護をしてもらうことになる。そんな中、家の中で不可解な現象が多発し…。
ホラー


.0★★☆☆☆
低予算映画「パラノーマル・アクティビティ」の正式続編日本版です。
アメリカでの事故のため両足が複雑骨折をしていて動けないという姉役に青山倫子さん、介助する弟に中村蒼さん。画面を2分割にわけて姉と弟それぞれの部屋で何が起こっているのかをみせるのは、どっちになにが起こるのか?って画面にひきつけられる手法ですね。
もともとのオリジナル自体が面白い作品とはいえなかったのでアレですが(とにかく開けっ放しのドアが気になってた私)、舞台を日本に変えると怖さは確かに増えます。邦画ホラーっぽくなるからでしょうね。
カメラの置き場所が常にグッジョブな弟がちょっと笑えますが、確かにオリジナルよりはこちらのほうが面白かったですねー。
姉弟っぽい日常会話が雰囲気出てて良かったですね、でも弟くん、姉の部屋にビデオ仕掛けるのにそんなに熱意いっぱいじゃなくても(笑)自称霊能力のある友人にはちょっと引いたけど、あんなことあったら余計に気になっちゃうよねー。陰陽師にお払いを頼んでも効果なしだし逆に(心筋梗塞だけど)亡くなってしまう始末。
一作目とのつながりは、あーなるほどってところ。「もし私になにかあったら一人で逃げて」。これがラストにつながるんですね。恐怖の連鎖ですが、ラストはなかなか予想外の展開で面白かったです。