いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

パラノーマン ブライス・ホローの謎

【概略】
死んだ人と話せる能力のせいでイジメられているノーマンは、叔父から「魔女の魂が街を滅ぼすのを阻止して欲しい」と頼まれる。
アニメーション


.5★★★☆☆
幽霊が見えてしまう能力を持つ少年が、いじめや馬鹿にされながらも逞しく成長していく物語でした。そして魔女狩りで犠牲になった1人の女の子の魂を救うお話です。
魔女伝説にプラスして死者が見える少年という設定の面白さと、脇キャラたちがいい味をだしていました。
ゾンビや幽霊たち、魔女の能力の表現や、ホラーっぽいコミカルさや町を危機に陥れるはずの「魔女」もすでに死んでいる幽霊だというのは面白い点。クレイアニメとは思えない滑らかな動きもマル。
主題のドラマ部分は感動的に出来ており、ふとっちょのニールもいいやつ。いじめを意に介していないところも好感ですよね。そしてそれが後半の説得でも活かされる。
巧いなと思ったのは「私は眠りたくない」のシーンですかね。急に耳元で声がする。そして「説得」のバトルシーンは表現豊かでなかなか良かったです。「魔女」とされた少女を眠らせてきた「死者と話ができるもの」。しかし、その少女もが死者と話ができるものだったんよね。恐れられた彼女を殺したために呪われた陪審員と判事=ゾンビ化。魔女狩りといった悲劇から彼女の魂を救ったのは、ノーマン。
あ、そういえばこの一件で魔女で人気の町じゃなくなってしまったかしらね@@;