いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

塔の上のラプンツェル

【概略】
森の塔に幽閉され、母親以外の誰とも顔を合わせずに18年を過ごしてきた少女ラプンツェル。彼女は自由に操ることができる魔法の長い髪を持っていた。ある日、大泥棒フリンが塔に侵入したことから、ラプンツェルは彼とともに外界への冒険の旅を始めることに…。
アニメーション


.5★★★☆☆
どんな艶とこしなんだとツッコみたい長い長い髪の毛ですが、本来のラプンツェルの物語とは全然違っていて、実際のところかなり脚色されています。
それでも純粋なラプンツェルは可愛いし強いし(武器はフライパン)、なにより映像がキレイ。キャッホーのあとのネガな部分とか、ちょっとしたコミカルな部分もあって面白かったですね。そういえばラプンツェルの声はしょこたんがやってたのだけど、そう違和感はなかったな。
灯籠のシーンはロマンチックでしたね、きれいでとっても素敵な夜でした。
酒場の仲間たちの夢がまたいいですね。
花で飾られたラプンツェルもまた可愛いかったですが、ショートカットも似合っていました。
ちゃんとした「悪役」ってのがいない気がしました。確かに「お母さん」は悪役だったけれど、悪の印象が薄いと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。