いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハイジ

【概略】
両親を亡くし、叔母に育てられたハイジは、山奥のアルムおじいさんに預けられる。人を殺したなどという物騒な噂のあるおじいさんだったが、ハイジはすぐになつき、おじいさんも明るく元気なハイジと仲良くなっていく。ヤギ飼いのペーターとその家族とも仲良くなったハイジ。しかし、ある日、突然デーテ叔母さんが現れ、フランクフルトのお金持ちのお嬢様クララの遊び相手にさせるため、アルプスから勝手に連れ出してしまう。
ドラマ


.5★★★☆☆
雄大なアルプス、おじいさんの山小屋、干草のベッドにヤギ、白パンとチーズ♪ アニメ「アルプスの少女ハイジ」よりはどちらかというと絵本の「ハイジ」のほうがイメージにあいますね。
利発で可愛いハイジ、偏屈だけど優しいアルムおんじ、ペーター、クララ、いじわるなロッテンマイヤーさん、セバスチャン。ああ、懐かしいよね^^ なんだか癒されたわ~。
それにしてもおじいさんとのふれあいはあたたかくていいですね~~~。アルムおんじがほんとに素敵なんですよ!
意外とすぐ早くフランクフルトに送られるハイジ。ロッテンマイヤーさんはイメージどおり!セバスチャンは思っていたより男前だったけれど、ペーターには確かに似ていたかも?
白パンをペーターのおばあさんに食べさせようと集めてるのとか、あったよね~~懐かしい!
ハイジがほんとに可愛い。なんでだろ、なんか涙で前が見えない…
おじいさんとも仲直りし、クララが山へ遊びにきてペーターが嫉妬して車椅子を壊す描写もあるの。立った、クララが立った…!ではないけれど、立つクララのシーンもあります^^
けっこう早く展開が変わるし全体に時間描写が足りないんですが(ペーターとも仲良くなりきる前だったりクララとの友情だったり)でもこれは時間内におさめるためで駆け足になってしまうのでどうしても仕方ないですよね。
難をいえば若干映像の明るさが足りないんですが、それ以上に心が温かくなる素晴らしい作品でした♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。