いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

【概略】
ホグワーツ魔法魔術学校の3年目を迎えたハリーだが、彼の両親の死に関わっているという囚人シリウス・ブラックが、アズカバンの監獄を脱獄。ハリーに近づこうとしていると噂が立ち、ホグワーツの周囲を、アズカバンの看守である恐ろしい吸魂鬼が監視する。
ファンタジー


.0★★★★☆
風船になって飛んでいく叔母さんはよかったですね(笑)このあたりからハリーが思春期時期になり、「いい子ちゃん」だけではないハリーの色んな面々が見えてきます。
この3つ目はシリウスやルーピン先生が出てきたりと、前二作に比べ世界観の広がりもあって人気が高かっただけに心配していたところもあったのですが、ナイト・バスは少し違和感があったけどヒッポグリフやホグズミード、ディメンターのビジュアルも良かったですね。
細かいところは言っても仕方ないので、あの原作をまとめたと考えると、なかなか良かったかもです。相変わらず世界観の作り方や美術などは良くできてますよ~~♪
原作が長く複雑になってきているのでは強引な展開やはしょりは仕方ないとしても、後半は物語の複雑化に比べてやや印象がスケール小さめなのが残念。