いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

【概略】
シリーズ第7作にして最終章の第1部。ダンブルドア校長から託された使命を果たすべく、ヴォルデモート抹殺の鍵を握る“分霊箱”を探すハリー、ロン、ハーマイオニー。しかし、旅の途中で3人に亀裂が生じ…。
ファンタジー


.0★★★★☆
これ病気で映画館に観にいけなかった作品です(シリーズでは唯一映画館で観てない)。
冒頭の7人ハリーや、ダンブルドアの遺品、分霊箱捜しの旅の途中での仲間割れ、ドビーの事、ポリジュース薬など、原作に近い作りで良かったです。
ただやはり前後編に分けたことによって中途半端感は否めません。でも、ハリーの杖が折れドラコから杖を奪い、3つの死の秘宝(ニワトコの杖|、甦りの石○、透明マント△)」、あたりを覚えておけば大丈夫じゃないでしょうか。とくに「ドラコから杖を奪い」は実は重要だったり…。

激しい魔法合戦と、スネイプ先生のあれこれもPART2か~。闇の勢力に侵食されていくような暗く辛い展開が続きますが、合間にユーモアもはいってくるのが上手いところ。冒頭の7人ハリーなんかはとくにそうですね(マッドアイが死んでしまいますが)。CGや美術関係の出来は相変わらずいいです。PART2も流行の3Dにしなくてよいと思います。
ダンブルドア校長から託された使命を果たすべく、分霊箱を見つけ出し破壊するための旅に出た3人に待ち受ける試練。
原作で展開は知っておりながらも、頑張れハリー!(でも頼りになるのはハーマイオニーなんだよな)そう思いつつ鑑賞出来ました。やっぱり映画館で観たかったなぁ~。