いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

【概略】
慣れ親しんだホグワーツを飛び出し、ヴォルデモートと死喰い人たちの追撃から逃れつつ、3つ目の分霊箱を破壊したハリー、ロン、ハーマイオニー。そんな彼らを助けて命を落としたドビーへ報いるべく、3人は4つ目の分霊箱が隠された地下銀行・グリンゴッツに潜入する。だが、難攻不落の銀行を守るゴブリンたちに見つかり、ハリーたちは地下奥深くへ追い詰められていく―。
ファンタジー


.0★★★★☆
観て来ました~そしてついに終わっちゃった…。ハリーたちが小さい頃からみてきて、だんだん成長して、なんだか一緒に時を重ねた分感慨深いというか、なにかしら1つの区切りがついた気分。
映画の内容としては非常に良くできていて(多少の変更はありましたけど)良かったですよ、面白かったし迫力満点!見所のホグワーツでの魔法合戦なんかはとくによく出来てる(後もう少し彼らの戦いをみせてくれてたら!とは思いますが)。原作でもモリーおばさんがベラトリックスと仕合うのですが、なかなかどうして、ただの主婦じゃなかったり(笑)ジニーとハーマイオニー、ルーナの戦い部分もみせてほしかったです。マクゴナガル先生も、さすが強かったですね。最高防御魔法でホグワーツをつつむ場面も見ごたえがありました。
上手い!と思ったのはヘレナ・ボナム・カーターさんのハーマイオニー、あれ、ハーマイオニーが中にいるとしかみえませんよ、巧みな演技力ですね、素晴らしいです。
スネイプ先生に関してはね~もう、原作で涙がでてしまったところだから…ストーリーがわかっていながらも彼の報われない純粋な愛の深さにやっぱり涙が出そうになってしまった。ただ、ホグワーツ時代の思い出部分がごっそりなくなっているので、どうしてそこまでリリーに執着するのかとか、一応伝わるけど少し浅く感じました。でも「永遠に」はいいよね;
あとは、大活躍のネビル君、格好良かったです。終止符をうつのはやはり彼でしょう。運命の子はハリーかネビルかといわれてましたからね(原作)。ルーナに告白するっていってましたけど原作にはない設定でしたよね?その後の展開が気になります、ウフフ。
ボス戦があっけないのはこのシリーズ一作目から同じなのであまり気にしませんでした。そもそも杖が割れてたしね。
音楽が非常に巧みに使われていて、盛り上がりましたわ~見てきたのは2D版でしたけど、3Dだとどこが飛び出すんだろう。
ラストの19年後ですが、もう1人のポッターがいないのと、ジニーのおばさんぶりにビックリしたよ。髪型でだいぶ違うものだね~。
さあ、これで終わりです。素晴らしい作品を作ってくれて、スタッフの皆さんにはほんと大感謝です。また1作目から観たくなってきたよ~^^