いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ザ・フォール/落下の王国

【概略】
映画の撮影中に怪我を負い病院のベッドで寝たきりのスタントマン、ロイは、重なる不運に自暴自棄になっていた。そんな彼の前に現れたのは、同じ病院に入院していた5才の少女アレクサンドリア。ロイは自殺しようと薬を手に入れるために、アレクサンドリアを利用することを思いつく。そして、彼女の気を引こうと、6人の勇者が世界を駆け巡り、悪に立ち向かうという、世界にたったひとつしかない冒険物語を聞かせ始める。
ファンタジー


.0★★★★☆
これ全部CGじゃないのか…物凄い映像美です。ほんとにCGじゃないの!?
半身不随のスタントマンが少女に自殺するための薬を盗んできてもらいたくて気を引くために空想の冒険物語を話すってことなんですが、とにかく空想世界の映像がよかったですね。イマジネーション映像に関しては文句の付け所がないです。
OPの白黒映像とクラシックですでにもう思いっきり惹かれちゃったんですが、現実世界と空想世界の物語が次第にリンクしはじめます。
オレンジ畑から落ちた少女と撮影で落ちた青年は、周囲の人々を登場人物にしながらオウディアスに復讐を誓った無法者5人と霊者の「山賊の物語」を一緒に作り上げていく。
入れ歯が力のみなもとだといって笑いあうシーンは良かったですが、この物語自体は残念ながら夢見る少女的な物語ではなく、死を非常に意識したつくりになってます。
現実世界での少女と青年の暗い境遇もアレですが、なにせこの物語の中でもよく死がつきまといます。これはやはり青年の感情が色濃くでているからなんでしょうね。イマジネーションの中でわかる少女の境遇も悲惨です。
空想世界のロイ演じる山賊が凄くステキにみえますね、とくにあの砂漠の処刑のシーン(娘がキスをするところ)の斜めの顔が本当にキスしたいくらい美しい。
アレクサンドラを演じた少女がとても愛らしかったです。美人という意味での可愛らしいというわけではないんだけど、とても少女らしい純真さ、子供のあの純性は、ほんとうに病んだ人(ロイ)を癒すのかも。
「パパ、立って。大好きなの、殺さないで!」いつしか空想の世界が現実と混ざりあい、青年は立ち直る。この少女が何度も殺さないでと訴える場面すごく感動しました。父親のようにみているというわけではないんですが、アレクサンドラにとってロイは「父親」と同じように「大好きな人」なんでしょうね。
落下の王国というタイトルセンスは個人的にお気に入りです。舞踊シーンもそうでしたが全体にどこか不思議な空間です、それにベートーベンの曲がまたとてもマッチしていました。