いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

必死剣鳥刺し

【概略】
海坂藩の物頭・兼見三左エ門が、藩主・右京太夫の愛人・連子を城中で殺害する事件が発生。しかし、意外にも寛大な処分が下された三左エ門は、1年の閉門後、再び藩主に仕えることになり…。
時代劇


.0★★★★☆
藤沢周平の隠し剣シリーズの1編ですね。
それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれる時、遣い手は、半ば死んでいるとされる。
要は子もなし妻も亡くした三左エ門が、家の取り潰し覚悟でわが身犠牲となって藩政のため藩主の愛妾を殺した、あまりにも寛大なお沙汰に赦されたものと思えば、存外藩主のその恨みが深かったという作品です。
若干冗長で「承・転」に欠ける部分はありますが、藤沢×山田洋次監督じゃないと、こんなにも雰囲気が違う作品になるんだね~。過去と現在が行き来するのが多いです。
別家である帯屋隼人正を吉川晃司さんが演じていますが、これも良かった。
最後の壮絶な斬り合いは、迫力があり、一度は生を諦めた三左エ門が、里尾のため生きようとする反骨の表れにもみえました。
鳥刺しのシーンもよかったよね(BGMもゾクゾクしました)。