いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

P2

【概略】
NY、クリスマス・イブ。高層ビルでひとり残業をしていたアンジェラは、ようやく仕事を終え、地下駐車場に降り立つと、いきなり何者かに背後から麻酔を嗅がされ、意識を失ってしまう。目が覚めた彼女は手錠、足枷をされ、監禁されていた…。携帯電話も圏外、誰にも叫び声が届かない深夜の密室で、恐怖のドラマが今、幕を開ける。
サスペンス


.0★★★☆☆
残業を終えて地下駐車場を通ったときにストーカーに襲われ拉致監禁。
ああ、これ実話を基にしたサスペンスなんですね、それなら怖いわぁ@@; だってだって、内臓飛び出てるのや眼球串刺はありましたが、たとえば現実感のある描写でいうと、残業して会社は人がいなくて、帰ろうとしたら閉まっている!しかも電気が消えていったりしたら…。これだけでもう怖いですよ…
しかも、唯一いた人物(警備)というのが、この場合ヤバイ人だったわけで。
作品的にはハラハラドキドキというわけではないのですが、意志の通じないものを相手にしている不気味さはありましたね。